ホビラジ日記
20年ほど離れていたR/Cの世界に舞い戻ってきました^^; 一人で走らせて喜んでいるだけですが・・・・(笑)
プロフィール

蛙の飼い主

Author:蛙の飼い主
久々にR/Cに嵌ってしまい、ミニッツAWD・タムギアなどコンパクト物で遊んでいます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャイロ搭載
ちょっと出張が重なって更新しておりませんでしたが、実はヘリ用小型ジャイロを搭載してみました。

テールスライドを感知して勝手にカウンターを当ててくれるため、ハイスピード走行でもステアリングをシビアに操作する必要がなくなります。

まぁ、シビアな操作でカウンター当てたりしながら体勢を維持して走らせる楽しみが減りますが、まったりと走らせる(と言っても高速走行ですが・・・)には良いかも・・・

00Cimg2001-juiro.jpg
こんな感じで搭載しています
スポンサーサイト
簡単熱対策っ!その後・・・
こちらで紹介されている三本装着に挑戦してみましたが、断念・・・^^;

まず、スイッチ後ろ側の2本装着できる位置ですが、ギアボックスの取り付けネジ部分にかかってしまうため、ギアボックス取り外し時にヒートシンクバーを外す必要が出てきます。ブラシレス化でボールデフのメンテ頻度が多いため、これは辛い・・・・ギアカバー外して、スパー外して、ヒートシンクバー外して・・・の工数を考えると、1本でいいやっ!となりました^^;

つづいて、モーター上部の1本ですが、ブラシレスモーターに装着してあるモーターヒートシンクとわずかに干渉してしまいます。モーターヒートシンクを削れば可能だと思いますが、このヒートシンク、脱着がかなりキツイため外したくないのが本音^^; モーターに装着したまま削るのもデンジャラスなため、干渉しないサイズで製作することに決定!(汗 ダークインパクト用は7.5mm径であったため、こいつを削ろうかとも思いましたが勿体無いので7mmのアルミ棒から製作しました。やっつけ仕事なので出来栄えはあまり良くありません^^;

Cimg1624.jpg

この程度の加工であれば旋盤使わなくてもドリルにアルミ棒を付けて回しながらバイトで削ればそれなりのヒートシンクが出来上がります(w

簡単熱対策っ!!!
ネットをいろいろ見ていたら以外にも見た目より効果絶大のようなので、タムギアに流用してみました。

こんな感じで穴あけして
P1010409.jpg

皿ネジで固定!(たまたま持ってたチタンビス^^;)
P1010410.jpg

反対側はこんな感じ
P1010412.jpg

で、完成っ!
P1010413.jpg

タミヤ・ダークインパクトの純正オプション・アルミヒートシンクセットです。3本セットですが、スペースの都合上、1本しか装着できません。(同じモーターでモーターヒートシンク付けていない場合は装着スペースがありそうです)残り2本は予備・・・・というか、まぁ、大人買いということで・・・・^^;

タムギアのアルミモータープレートですが、走行した後に触ると結構温かくなっているので効果があるのではないかと・・・・
アルミジョイント加工用治具
純正OPのアルミデフジョイントを1/10化対応にするための加工用治具を製作しました。5mm厚のアクリルを2枚使ってデフジョイントを垂直にがっちりと固定する事ができるようにしました。

あとはサイドのピンを加工するための治具を製作すれば、いつでも簡単に1/10化対応加工することが可能になります。
P1010408.jpg


ウイングマウント強化&ヒートシング装着
ジャンプの失敗でポッキリといっちゃうリアウイングのマウントを強化しました。とりあえず手元にあった樹脂造形材を盛ってペーパー当てただけです。ジャンプ遊びする人は要注意ですよっ!!
P1010405.jpg

日に日に暑さが増してモーターには過酷な状況となってきましたので、今まで購入したままで放置してあったHPモーターヒートシンク(20mm)をタムギアに装着すべく、フライス盤にて加工しました。出来栄えはこんな感じです。
P1010402.jpg

P1010403.jpg

ついでに540クラス用のアンプを下ろし元のアンプに戻すついでにオーバーホールを行いました。ホイールとタイヤはダークインパクト物です^^;
P1010406.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。